こんちには、IA Japan @ Montreal です。

一般的に、カナダは親子留学先としては「費用が高い」というイメージですが、カナダのモントリオールなら、他州の約半分に費用を抑えた親子留学を実現することが可能です。

例えば、保護者が語学学校に通う場合は…

– 年間学費100万円以下
– お子様が公立学校に通えば学費は無料 (何人通っても無料 !!)

北米圏でお子様の早期教育を行いたい場合、カナダ・モントリオールは、経済的にも教育の質から見ても、まさに「穴場スポット」です。

↓↓ モントリオールへの親子について | 詳細はコチラ ↓↓

モントリオール留学 – 親子留学

実際、親子留学を考える際、気になるのが「お子様の学校」ですよね?

どんな学校があって、どこが人気で、自分の子供にはどこが良いのか…自分が通う学校以上に気を遣う方が多いと思います。

今回は、モントリオールにどのような英語の公立スクールボード (教育委員会) があるのかをご紹介したいと思います。

 

3つの英語スクールボード

モントリオールには、英語フランス語のスクールボードがあります。

日本人のお子様で、いきなりフランス語の学校に通える方はそう多くないため、まずは英語のスクールボードにお子様を送る方が殆どです。

モントリオールには、大きく3つの英語スクールボードが存在します。

– English Montreal School Board (EMSB)
– Lester B. Pearson School Board (LBPSB)
– Riverside School Board (RSB)

それぞれの大まかな学区は、以下のようになっています。

赤エリア:EMSB / 青エリア:LBPSB / 緑エリア:RSB

通う学校は、「住む地域」によって決まることになります。目星の学校がある場合には、その学校の学区に住まなくてはなりません。(ただ、その時の空き具合によっては、入れないこともあります)

また、英語のスクールボードと言えども、フランス語に全く触れないワケではなく、小学校では言語プログラム (それぞれに触れる割合) を選べるようになっています。(英語メイン、英仏バイリンガル etc.)

– 学校の地域
– 言語プログラム (英仏の割合)

…などを基準にしながら、学校選びを進めると良いでしょう。

 

English Montreal School Board

– 管轄地域:モントリオール島東側 (赤エリア:ダウンタウンも含む)
– 学校数:Elementary 35校 / Secondary 17校
– 留学生の割合:地域によっては高め (特にWestmount周辺)

【長所】学区がダウンタウンに近い、言語プログラムが充実
【短所】学校によってはアジア人留学生の割合が多い (日本人は少ない)

↓↓ EMSBについて | 詳細はコチラ ↓↓

カナダ親子留学 – ケベック州最大の英語スクールボード【EMSB】

 

Lester B. Pearson School Board

– 管轄地域:モントリオール島西側 (青エリア)
– 学校数:Elementary 36校 / Secondary 13校
– 留学生の割合:少な目、現地人多め

【長所】アジア人留学生の割合が少ない (日本人は少ない)
【短所】学区が車がないと不便な地域

 

Riverside School Board

– 管轄地域:モントリオール島の東隣 (緑エリア:Longueuilの辺り)
– 学校数:Elementary 20校 / Secondary 4校
– 留学生の割合:少な目、現地人多め

【長所】アジア人留学生の割合が少ない (日本人は少ない)
【短所】選べる学校の選択肢が、上記2つに比べて少ない

 

いかがでしたか?

弊社では、保護者の学校登録のみならず、お子様の学校登録についてもサポートを行っております。

気になる方は、お気軽にお問合せ下さい ^^