こんにちは、IA Japan @ Montreal です。

カナダへの親子留学は、英語のクオリティ、治安面、大自然、多文化などを考えると、とても魅力的なものの…

ただ、ネックとなるのが留学費用です。

例えば、オンタリオ州に一年親子で留学すると…

お子様の年間学費:約$14,000 (1名)
保護者の年間学費:約$11,750 (1名)
生活費:約$30,000

計:約$55,750 (約470万円)

しかし、ケベック州モントリオールを留学先に選ぶと…

お子様の年間学費:$0 (公立の場合)
保護者の年間学費:約$8,500 (1名)
生活費:約$24,000

計:約$32,500 (約275万円)

…と、費用をかなり抑えることが可能なのです!

今回は、最近徐々に注目を集めつつある「モントリオール親子留学」におけるお子様の学校選びのポイント (公立) をご紹介致します。

 

モントリオール – 親子留学

親子留学 – 何から始めればいい ??

親子留学 – 保護者は何を学ぶ?

 

ケベック州の教育制度をおさらい

まずは、お子様がどの教育レベルにあたるのかを確認しましょう。ケベック州の場合は、以下のような教育システムになっています。

0 – 3歳 デイケア
(日本で言う「保育園」)
有料
4歳 Pre-Kindergarten
(日本で言う「幼稚園年少」)
無料
5歳 Kindergarten
(日本で言う「幼稚園年長」)
6 – 11歳 Elementary School
12 – 16歳 Secondary School
(日本の中学校と高校が一緒になった存在)

4歳児向けの「Pre-Kindergarten」の場合は競争率が激しく、席が確保できない場合はデイケアに預けることになります。「Kindergarten」以上は、空きがないということは殆どありません。

「Pre-K / Kindergarten /Elementary School」の場合、通う学校は「学区」によって決まります。そのため、通いたい学校がある場合には、その学校の学区内に住まなくてはなりません。

「Secondary School」の場合は、学区は特にありませんが (スクールバスもなし)、遠くまで通うのも大変なので、近くの学校に通う or 通いたい学校の近くに住む、という方が多いです。

 

親子留学 – ケベック州の教育制度

 

英語とフランス語、どちらメイン?

モントリオールには、英語とフランス語のスクールボード (教育委員会) が存在しています。英語のスクールボードに通わせられるのは留学生の特権でもあるため、英語スクールボードの人気が高いです。

英語スクールボードの「Elementary School」においては、英語とフランス語の割合を、以下3つのタイプから選ぶことが可能。留学生は、「English Core」の学校を選ぶ場合が多いです。

① English Core (体育・芸術・音楽以外は英語、英:仏=70%:30%)
② Bilingual (英:仏=50%:50%)
③ French Immersion (仏語メイン、学年ごとに英:仏の割合が変動)

「Secondary School」においては、学校ごとに力を入れている分野 (アート、サイエンス、リーダーシップetc.) に特徴があるため、それぞれの学校の特徴をよく把握し、選択する必要があります。

また、お子様がフランス語にあまり馴染みのない場合は、「Français langue seconde, international」(フランス語を母国語としない生徒向け) のプログラムがある学校がおススメです。

 

人気のスクールボードは?

上述のように、留学生には英語スクールボードが人気。

モントリオールには、3つの大きな英語スクールボードがあり、地域によって管轄が異なります。一番人気は、ダウンタウンを管轄地域に持つ EMSB (English Montreal School Board) です。

将来的にはケベック州へ移民しようと考えていらっしゃる方には、英仏バイリンガル教育に力を入れているLBPSBもおススメ。英仏バイリンガルを育てるための方針がしっかりした学校です。

 

親子留学 – ケベック州最大の英語スクールボード【EMSB】

親子留学 – 英仏バイリンガルに注力する英語スクールボード【LBPSB】

親子留学 – 英語スクールボード @モントリオール

いかがでしたか?

お子様の学校選びは、親子留学においてとても重要なポイント。弊社では、お子様の学校選び・学校登録サポートも行っております。

関心のある方は、ぜひ一度ご相談下さい ^^