こんにちは、IA Japan @ Montreal です。

カナダへの親子留学は、英語のクオリティ、治安面、大自然、多文化などを考えると、とても魅力的なものの…

ただ、ネックとなるのが留学費用です。

例えば、オンタリオ州に一年親子で留学すると…

お子様の年間学費:約$14,000 (1名)
保護者の年間学費:約$11,750 (1名)
生活費:約$30,000

計:約$55,750 (約470万円)

しかし、ケベック州モントリオールを留学先に選ぶと…

お子様の年間学費:$0 (公立の場合)
保護者の年間学費:約$8,500 (1名)
生活費:約$24,000

計:約$32,500 (約275万円)

…と、費用をかなり抑えることが可能なのです!

↓↓ モントリオールの親子留学について | 詳細はコチラ ↓↓

モントリオール留学 – 親子留学

親子留学 – 何から始めればいい ??

今回は、そんなモントリオール親子留学における学校選びのポイント (保護者&お子様共に) をご紹介致します。

 

保護者の学校選び

モントリオールでお子様の教育費 (公立) が無料になる条件が、「保護者が就学/就労ビザを持って、就学/就労している」であるため、まずは保護者がどの学校に通うかを定めなくてはなりません。

① 英語 or フランス語を学ぶ @ 語学学校

語学学校で1〜2年フルタイムコースを受講します。保護者も語学をしっかり学びたい & 少し余裕を持った親子留学にしたい方におススメです。

英語とフランス語、どちらを学ぶか

モントリオールでは、フランス語が使えるとグンと視野が広がります。そのため、最初は英語を学んで途中からフランス語に変えたり、またはバイリンガルコースのある学校を選ぶのもおススメです。

親子留学の保護者が通っているかどうか

親子留学に対する理解がある学校かどうかを確認しておくことで、通いやすさが断然変わります。また、同じ立場のクラスメートがいることで、心強い&必要な情報も手に入りやすくなります。

② 専門的な内容を学ぶ @ 職業訓練コース or カレッジ・大学

語学だけでは物足りない方 or カナダ永住権取得も視野に入れている方におススメのコースです。語学学校より、費用・時間共にかかります。

↓↓ ケベック留学後移民について | 詳細はコチラ ↓↓

ケベック留学後移民 (PEQ) – プログラム内容

卒業後のイメージ

カナダ永住権を最速で目指したい方には「職業訓練コース」(約1年半)、多少時間と費用がかかってもしっかり学歴を積みたい方・より深く学びたいには「カレッジ・大学」をおススメします。

何を&英語とフランス語どちらで学ぶか

専攻コースは、これまでの経歴と卒業後どのようなキャリアを積んでいきたいかにより変わります。フランス語での受講はモントリオールならではであり、近年は受講者希望者も増えつつあります。

 

お子様の学校選び

お子様の教育費を無料にするには、公立学校を選ぶ必要があります。公立学校は日本と同様「学区」があるため、通いたい学校がある場合には、住む場所もよく考慮しなくてはなりません。

英語とフランス語、どちらで学ばせたいか

モントリオールには、英語とフランス語のスクールボード (教育委員会) が存在しています。英語のスクールボードに通わせられるのは留学生の特権でもあるため、英語のスクールボードの人気が高いです。

スクールボードの学区

スクールボードにより管轄する学区が異なります。モントリオールが初めての方には、モントリオールのダウンタウンなど、留学生が生活しやすい地域を学区とするスクールボードを選ばれる方が多いです。

↓↓ モントリオールの人気英語スクールボード | 詳細はコチラ ↓↓

ケベック州最大の英語スクールボード – EMSB

 

いかがでしたか?

学校選びは、留学においてとても重要なポイント。関心のある方は、ご決断される前に、ぜひ一度ご相談下さい ^^