こんにちは、IA Japan @ Montreal です。

PEQプログラムでは、最低でも1800時間以上の職業訓練コースを修了する必要がありますが、受講言語は英/仏の2つから選択が可能。

フランス語で職業訓練コースを修了すると、PEQ申請のためのもう一つの条件である「フランス語B2証明」を提出する必要がないため、近年、フランス語での受講を希望される方も増えています。

今日は、弊社の提携校の一つである仏語スクールボード Commission Scolaire Marguerite-Bourgeoys (CSMB):Léonard-De Vinci Centre をご紹介します!

 

 

PEQ – 仏語公立スクールボード【CSMB】

Léonard-De Vinci Centre

メトロ・オレンジライン「Côte-Vertu」駅よりバスで10分ほどの場所に位置する「Léonard-De Vinci Centre」。数あるCSMBのキャンパスの中では、比較的メトロ駅よりアクセスしやすいセンターです。

建物の中は吹き抜けになっており、明るく、広々とした空間が広がります。全体的にとてもキレイなキャンパスで、実践演習に使用する機器も最新鋭のものが揃っています。

 

このキャンパスで受講可能なコース

Léonard-De Vinci Centre で提供される全部16コースのうち、PEQプログラムの対象になる1800時間以上のコースは、以下2つです。

 

Soutien informatique

– 英名:Computing Support
– 時間:1800時間 (16ヶ月)

システムアドミニストレーター養成をイメージしたコース。コンピュータハードウェアの設置、ソフトウェアのインストール、ネットワーク構築、コンピュータに関するトラブルシューティングなどを学びます。

モントリオールでこの職を得るためには、英仏バイリンガルであることを求められる場合が多いため、フランス語での職業訓練コース受講は、就職活動時にとても大きなメリットになります。

わっ…!パソコンがキレイに収納されました…(*_*)

 

Installation et réparation
d’équipement de télécommunication

– 英名:Installation & Repair of Telecommunication Equip
– 時間:1800時間 (16ヶ月)

インターネット回線や電話回線の設置・修理・保守を学びます。アンテナの取り付けなども学ぶため、屋外での実習も多く含まれます。専門的な内容を学ぶため、どちらかと言うと経験者向けのコースです。

センター内には、屋内外共に最新の設備が整っており、現場で求められる内容を具体的に学ぶことが可能。就職率も良く、多くの卒業生が大企業の最先端分野で働いているとのことです。

 

いかがでしたか?

CSMBは、入学のためにフランス語B1レベルが必要とされます。B1レベルは、フランス語を学んだことがない方でも、事前に語学学校で半年~8か月程度学べば、十分に到達可能なレベルです。

PEQプログラム申請のためにはB2が必要なこと、またモントリオールでの就職などを考えると、フランス語で職業訓練コースを受講することは決して悪い選択ではありません。

弊社では、学校・コース選びのカウンセリング (無料) をはじめ、職業訓練コースへの入学手続き (無料)、フランス語の学校紹介 (無料) 、ビザサポート (有料) も行っております。

関心のある方は、お気軽にご相談下さい ^^