こんちには、IA Japan @ Montreal です。

ケベック州独自の教育機関である「CEGEP」。高校ともカレッジとも少し異なるこの「CEGEP」について今日はお話します!

 

ケベック州の教育制度をおさらい

ケベック州では、小学校からセカンダリースクール卒業 (6歳〜16歳) の11年間が義務教育。小学校が6歳から始まる点と、セカンダリースクールが16歳までという点が、日本と大きく異なる部分です。

では、セカンダリースクール卒業後はどうするのか?そこで登場するのが「CEGEP」です。ケベック州では、基本的にこの「CEGEP」を通過しないと大学に進学することができません。

 

0 – 3歳 デイケア
(日本で言う「保育園」)
非義務教育 有料
4歳 Pre-Kindergarten
(日本で言う「幼稚園年少」)
無料
5歳 Kindergarten
(日本で言う「幼稚園年長」)
6 – 11歳 Elementary School 義務教育

12 – 16歳 Secondary School
(日本の中学1年生〜高校2年生)
17 – 18歳 CEGEP 非義務教育 有料
19 – 22歳 大学

 

 

親子留学 – ケベック州の教育制度

親子留学 – メリット&デメリット @モントリオール

 

CEGEPの位置づけと2つのコース

CEGEP (Collège d’enseignement général et professionnel) は、セカンダリースクールと大学の間に位置する教育課程で、以下2つのタイプに分類されます。

 

University Transfer Program
(大学進学準備教育コース)

大学進学希望者向けの2年間のプログラム。カナダ他州の「Grade 12」と「大学1年生」の過程にあたる部分を学びます。

 

Technical-career Program
(技術教育コース)

専門スキルを身に付けて就職を目指す学生向けの3年間のプログラム。日本の専門学校・短大のようなイメージです。

 

両方とも、修了すると「DEC (Diplôme d’études collégiales)」というディプロマを取得することができます。
※PEQ申請に使用できるのは2)のみです。

また、上記2つの他にも、「AEC (Attestation d’études collégiales)」という生涯教育プログラムを提供しているCEGEPも存在します。

AECはDECやDEP (職業訓練コース) よりも短いコースで、キャリアチェンジを目指す大人の学生が多く受講しています。

 

CEGEPはどんな人におススメ?

 

ケベック州内で大学進学を考えている方

上述のように、ケベック州内の大学へ進学したい場合はCEGEPでのディプロマ取得が必須。ちなみに、CEGEPは無償公立教育の範囲ではないので、親子留学の方は注意が必要です。

また、セカンダリー卒業後、他州・他国の大学への進学を希望している場合は、進学希望先の大学・学科がCEGEPでの単位を受け入れてくれるのか、事前によく確認しておく必要があります。

場合によっては、進学希望先の州・国で「Grade 12」(高3) に当たる学年を修了する方がスムーズ…という場合もあります。

 

カナダで高等教育を受け、移民したい方

日本でまだ大学などの高等教育を修了していない方におススメです。

学科によっては日本の大学進学費用とさほど差もなく、また、現地での就職に直結する内容を学べる&卒業までにフランス語B2に達すれば卒業と同時に移民申請可能なことから、メリットは多いです。

CEGEPへの入学には、通常IELTS6.0程度の英語力が求められますが、語学学校の「Pathway Program」などを利用すれば、無理なく入学の準備も進めることも可能です。

 

カレッジ・大学留学 – 【英語/仏語】入学スコア提出免除の道

 

いかがでしたか?

カナダで唯一のフランス語圏ということもあり、教育制度においても独自な面が多いケベック州。その教育制度がメリットになることも、デメリットになることもあるので、事前に良く検討することが大切です。