こんにちは、IA Japan @ Montreal です。

北米圏への留学を考える際、ネックになるのが「費用」。
学費もさることながら、生活費もばかになりません。

特に、親子で留学となれば、掛かる費用も倍…
なかなか踏み出せない方も多いと思います。

「キレイな英語を勉強させたい」

「教育の質も譲れない」

「でも…費用はできる限り節約したい!」

今回は、そんなワガママな望みを叶えてくれる場所、

カナダ・モントリオール

への親子留学をご紹介します!

 

モントリオール留学 – 親子留学

 

そもそもモントリオールってどこ?

モントリオールは、カナダ・ケベック州にある都市で、お隣のオンタリオ州とのちょうど境目付近に位置しています。オタワやトロントには、車やバスで5~6時間。N.Y.にも飛行機なら1時間の距離です。

北米のパリ」とも呼ばれるモントリオールには、ヨーロッパ風の建物も多く、街のあちこちからフランス語が聞こえてくる…そんな他のカナダの都市とは少し雰囲気の異なる街です。

また、フランス語圏であるため、アフリカ・ヨーロッパ・南米などからの移民も多く、国籍バランスが整っているのも特徴の一つ。まさに「モザイク国家」を実感できる都市がモントリオールです。

 

なぜ費用を節約できるの?

ずばり!理由は以下2つ。

① 子供が無料で公立学校 (幼小中高) に通えるから
② 生活費が他のメジャー都市よりかからない

ケベック州では、保護者が就学ビザで就学 or 就労ビザで就労している場合、その子女は無料で公立学校 (幼小中高) に通うことができます。お子様の人数に制限はなく、お子様全員の学費が無料になります。

「就学ビザで就学している」といっても、他州では「語学学校」は当てはまらない場合が多いのですが、ケベック州では6ヶ月以上語学学校に通う場合も、子女が無料教育を受けられる点が大きなメリットです。

 

【例】語学学校フルタイムコース1年間受講する場合

モントリオール トロント
学費 保護者:約C$8,500 /年
子女:無料
保護者:約C$8,500 /年
子女:$13,000 – 15,000 /年
生活費 親1名+子1-2名の場合
約C$24,000 /年
(約C$2,000 /月)
親1名+子1-2名の場合
約36,000 /年
(約$3,000 /月)
約C$32,500 約C$59,500

 

生活費で差がでるのは、「家賃」と「交通費」。

モントリオールでは、家賃が比較的安いため (1ベッド:$800前後) 、全体的な生活費を抑えることが可能。交通費も、マンスリーパス$85 (2019年3月現在) で、1ヶ月バス・地下鉄が乗り放題です。

 

モントリオールの魅力は?

英仏バイリンガルシティ

モントリオールの公立小学校は、英語メインの「English Core」、「バイリンガル」、フランス語メインの「French Immersion」の3つのコースの中から、通う学校を選択します。

お子様の年齢が幼稚園や小学生の場合、もしくは、ある程度英語の土台がある場合には、バイリンガルコースを選択して、お子様を英仏バイリンガルに育て上げることも夢ではありません。

 

留学中でも子供手当あり

市民権・永住権者でなくとも一定期間 (18ヶ月以上) ケベック州内で生活すれば、子供手当 (カナダ政府からの子供手当+ケベック州からの子供手当) を受給することができます。

留学生で出費ばかりがかさむ中、政府から援助が受けれられるのはとてもありがたいですよね…!ケベック州は、子育て支援をはじめ、他州と比較して福祉が充実している点が魅力の一つです。

 

永住権取得も視野に入る

保護者が語学学校に通うだけでなく、1800時間以上の職業訓練コース (約1年半) を修了+フランス語B2レベルを取得すると、ケベック州を通じてカナダ永住権の申請も可能に…!

「いずれカナダに移住できたら…」という考えがある方には、ただ語学学校に通うだけでなく、職業訓練コースも受講して、語学力アップ+専門スキル取得+永住権取得!を目指してみてはいかがでしょうか?

 

ケベック留学後移民 – PEQプログラムとは

 

いかがでしたか?

弊社では保護者の学校選び・学校登録 (無料) から、お子様の学校選び・学校登録 (有料) までをサポートしています。

関心のある方は、お気軽にお問合せ下さい ^^