こんにちは、IA Japan @ Montreal です。

最近、留学というカテゴリーの中でも注目を集めているのが「親子留学」。親子で語学を学んだり、海外生活を体験できるプログラムが世界中で提供されています。

ただ、漠然と「親子で留学してみたいな…」とは思っても、実際は、何から手を付けてよいか分からなかったりもしますよね?

今回は、モントリオールへの親子留学を想定しながら、何を、どんな順序で考えていったらよいのか、整理しながらお話したいと思います。

具体的には、以下の内容を明確にしていく必要があります。

① 留学の目的
② 留学予算・期間
③ 留学のタイミング
④ 保護者の学校選び
⑤ お子様の学校選び

 

留学の目的

親子でのびのびと海外生活を体験したいのか、親子である程度一生懸命語学の勉強をしたいのか、移住も視野に入れながら留学するのか…など、その目的により、親子留学のプランは大きく左右されます。

まずは「何のために親子留学をしたいのか」を明確にしましょう。

モントリオールは、「保護者が就学ビザを持って就学している期間、その子女は無料で公立学校に通うことができる」ことから、主に、一年以上の長期留学をお考えの方におススメできる都市です。

また、保護者がケベック州でディプロマを取得すれば (最も費用と時間を低く抑えられるのは職業訓練コース)、その後、カナダ国内で就労経験を積んだり、永住権取得も目指すことができます。

「親子で、しっかり語学を学びたい」
「子供に英語もフランス語も学ばせたい」
「カナダ永住権取得も視野に入れたい」

そんな方には、モントリオールへの親子留学がピッタリでしょう。

↓↓ モントリオールへ親子留学するメリット | 詳細はコチラ ↓↓

モントリオール留学 – 親子留学

 

留学の予算・期間

どれだけの費用を親子留学に投資できるかにより、留学できる期間も変わって参ります。留学の目的、留学後のプランなどをよく考慮しながら、予算と期間を決定する必要があります。

【参考】モントリオールへの親子留学費用 (1年分)
※ 保護者1名・子女2名 (2名とも5歳以上と想定)

語学学校 (フルタイム):$8,500前後/年
生活費 (※):$2,000/月×12=$24,000前後/年

計 :$32,500前後/年

※ 1ヶ月の生活費 (概算) :$2,000前後
家賃: $900前後 (1ベッドルーム)
携帯・自宅インターネット:$120前後 (親のみ携帯保有の場合)
交通費:$150前後 (3人分)
+食費・お子様のアクティビティ費用など (個人による)

モントリオールでは、滞在19ヶ月目以降になると子供手当も受給できるようになるため、語学勉強の効果も考えると2年間がおススメです。

 

留学のタイミング

これは主に、「お子様の年齢」と「カナダへの渡航月」についてです。

ケベック州では、「無料教育」(義務教育) とされるのは小学校 (Elementary) から高校 (Secondary school) までの期間です。小学校は満6歳からで、その前の教育はあくまでも「任意」です。

しかし、殆どの保護者が小学校前から、Daycare (保育園のような場所) や幼稚園 (Kindergarten) に子女を通わせており、スクールボードの管轄する公立幼稚園ならば満5歳から無料で通うことができます。

Daycare は、公立でも私立でも費用が必要になります。タックスリターン (確定申告) できちんと申請すれば、無収入の家庭の場合は後々費用が全額戻ってはきますが…毎月支払う準備は必要です。

日本とは異なり、新学期は9月から始まるため、スムーズに学校登録を済ませるためには5〜6月頃の渡加がおススメです。7月中旬からは学校も夏休みになってしまうため、注意が必要です。

「無料教育」のためにモントリオールに親子留学を考えていらっしゃる場合は、お子様の年齢が満5歳以上の方が、その恵沢をより実感できるかもしれません。

↓↓ ケベック州の教育制度 | 詳細はコチラ ↓↓

日本とは違う?! ケベック州の教育制度

 

保護者の学校選び

留学後のプランにより、おススメの学校が変わって参ります。もし1〜2年の留学後に日本に帰国予定でしたら「語学学校」を、永住権を目指したい方には「職業訓練コース」がおススメです。

モントリオールでは、英語・フランス語どちらのコースも開講している学校が殆どですので、お好きな言語を選んでいただけます。また、フランス語を使う機会も多いので、英語がある程度できる方には、フランス語もおススメです。

語学学校 (フルタイム) はだいたい 8:30〜14:30 というスケジュールなので、お子様の送り迎えも無理なくできます。仮にお子様に何かあった場合も、学校スタッフにしっかり連絡すれば、遅刻・早退なども考慮してもらえます。

職業訓練コースは、1800時間以上のコースを卒業すると、ケベック州の移民プログラムの一つである PEQ の申請資格の2分の1を満たすことができるため、カナダ永住権を目指したい方にはおススメのコースです。

また、職業訓練コース卒業後は、3年間の就労ビザ (Post Graduation Work Permit) が発給されるため、就学期間も合わせると4年半ほどカナダに滞在することができます。

↓↓ 職業訓練コースから永住権を目指す道のり | 詳細はコチラ ↓↓

ケベック留学後移民 (PEQ) – プログラム内容

↓↓ 1800時間以上の職業訓練コース | 詳細はコチラ ↓↓

ケベック留学後移民 (PEQ) – 対象コース一覧

 

お子様の学校選び

モントリオールは英仏バイリンガルシティですが、やはり、まずは英語をしっかり学ばせたいという方が大部分です。英語の公立学校を管轄するスクールボードの中で一番人気が高いのが、English Montreal School Board (EMSB) です。

EMSB は、英語のスクールボードではありますが、フランス語を全く学ばないというワケではありません。「English Core」「Bilingual」「French Immersion」の3つのタイプの学校があり、英仏に触れる割合を選択することが可能です。

日本と同様、スクールボードには管轄する地域=学区があるため、「EMSB のこの学校に通わせたい!」というご希望がある場合には、その学校の学区内に住まなくてはなりません。

↓↓ EMSB | 詳細はコチラ ↓↓

ケベック州最大の英語スクールボード – EMSB

 

いかがでしたでしょうか?少しでもモントリオールへの親子留学のステップをイメージしていただけたら幸いです ^^

弊社では、保護者だけでなく、お子様の学校選びもサポート致しております。気になることがある方は、いつでもお気軽にご相談下さい。