こんにちは!IA JAPAN@モントリオールオフィス Kaoriです。

モントリオールで親子留学中の私がこれから親子留学をされる方、検討中の方に向けて体験談を綴っていきます!

3回目の今回は、エージェント選びの体験についてご紹介していきます!

 

エージェントはどうやって決めた?

まずPEQというケベック州の永住プログラムのことを知り、それを取り扱っているエージェントさんを探しました。

・「PEQ エージェント」で探すとIA JAPANが検索のトップに表示された
・欲しい情報が詳しくホームページのブログにくわしく記載されていて、更新も頻繁に行われていた
・カナダ現地のエージェントであり、20年以上の実績があった

この3点でまずは話を聞いてみようと思いました。

 

エージェントについての知識があまりなかったので、騙されないように(笑)PEQについて自分でも事前に情報を調べ、わからない部分を大まかに洗い出してメモを取った上で、打ち合わせに参加しました。

具体的に質問した内容は、

・政府公式のページを読みブログに記載されている内容と照らし合わせて大きく乖離している部分がなさそうか確認し、その上で理解が曖昧な部分
・現在の自分の状況ではどのように準備をしていくのがいいか
・どのくらいのコスト(生活コストや学費の相場観)

などを聞きました。

当時はトロントに旅行で滞在していたので、直接オフィスにお邪魔して代表のSueに説明していただきました。

彼女が親身になって相談に乗ってくれ、不安を残さないように親子留学やその後の移住に向けたプロセスについて良い点も難しい点も包み隠さずに説明してくれたこと、質問に対してもすぐに明確に回答をくれたことや、強引な勧誘などもなかったため、とても信頼でき、またSueの明るい人柄にも惹かれてこちらでお世話になろうと決めました。

後日当時のモントリオールオフィスの日本人スタッフMさんともLINE通話で改めて日本語でご説明いただき、正確な情報と丁寧な対応にとても安心しました。

 

エージェントに期待していたこと

画像1

私がエージェントさんに期待していたのは「正確な情報共有」と「確実な手続き」です。

エージェントは、自分がスムーズに渡航するための「パートナー」だと考えていました。

自分が「何を依頼しているのか」、「今対応してくれているのは、全体のプロセスのどこの部分にあたるのか?」を自分も理解していたほうが、足りない部分や不安なことを適切なタイミングで共有でき、エージェントさんもヘルプがしやすく、結果的に準備がスムーズに行くと感じました。
気になっていることは早めに確認することで、自分でしなければいけない部分の準備のスケジュールを立てやすく並行して進めることができました。

 

エージェントに依頼してよかったこと

 

「そのくらいの手続きも自分でできなくて留学なんてできない」

という意見をたまに見かけるのですが、
子どもを育てながらカレッジ入学に必要な英語試験(IELTS)の勉強もして、育休復帰の準備や引っ越しの準備、日本での各種手続きや小学校との連携などなど…親子留学には目に見えないタスクが沢山あるのでその中で英語(時々フランス語)で書かれたドキュメントを読み込み、アップデートも頻繁にあり絶対に間違えられない手続きを自分でするのはどう考えても非効率なので、任せられる部分はプロにやってもらって、自分でしかできないタスクに集中する方が私には合っていました。

大丈夫、入国後にも自分でしないといけない手続きはあります。笑
入国後の手続きもエージェントがお手伝いできる部分もあるので、少しずつ慣れていけばいいと思います。

 

エージェント費用ってすごく高いんじゃないかと思っていた

画像2

なぜかエージェント費用は何十万〜100万くらうするのかなというイメージをぼんやり持っていたのですが、大きな大きな誤算でした。笑

IA JAPANのサービス料金は公式ホームページに詳しく記載されています!

料金が詳しく公開されていることも、安心して申し込みできた理由の一つです。自分が詳しくないことを人にお願いするので、騙されたりしないか、損しないかはとても気になりました。

 

次回は学校選びについて書いていきます!