こんにちは、IA Japan @ Montreal です。

さて、今日はモントリオールの語学学校の一つ「CLC Montreal」をご紹介したいと思います。モントリオールには世界的にキャンパスを持つ大規模な語学学校もありますが、こちらの語学学校は、モントリオールに根付いたアットホームな語学学校です。

 

 

徹底した少人数制クラスを採用

一クラスの人数は、生徒一人一人がどれくらい発言機会を持てるのかを判断する上で、とても重要な指標です。大手の語学学校だと、留学生が多くなる夏などは、一クラス15~16名になることも少なくありません。

しかし、CLCでは春夏秋冬どの季節でも、クラスの最大人数は8名まで。発言機会がたくさんあることももちろんですが、講師が生徒一人一人の状況をしっかり把握し、フォローできるという点も大きなメリット。

CLCでは、上のクラスに上がるための試験がありません。その代わり、日々、講師が生徒一人一人の状況をレポートにまとめているそうで、そのレポートをもとに生徒のレベル判断が行われるとのこと。

生徒のレベルを講師がしっかり把握しているため、生徒一人一人に合った環境や学習スタイルを提案することができるそうです。「しっかり見てもらえている」というのは、生徒にとっては安心ですよね!

また、なるべく一人の生徒が様々なバックグラウンドを持つ講師の授業を受けられるよう、講師のローテーションも組まれているとのこと。発音や表現を学ぶ上でも、複数の講師から学べる点はメリットです。

クラスルームには、ホワイトボードの代わりに、大画面が準備されている場合が多く、「講師の字が読めない…」なんてこともありません (笑) 全体的に、設備がとても洗練されている印象を受けました。

 

授業以外のアクティビティも充実

いくら語学を集中して勉強すると言っても、ずっと教室に籠ってばかりいたら息が詰まってしまいますよね?CLCのフルタイムコースには、最低でも週2日は、野外アクティビティが組み込まれています。

地元のカフェやパブを訪れたり、季節のイベントに参加したり、街ゆく人にインタビューをしたり…刺激的なアクティビティがたくさん準備されています。夏は気候もいいので、週4日外出することもあるとか…!

また、公園の花上や掃除、教会の炊き出しのお手伝いなど、地域の非営利団体や慈善団体と協力しながら行うボランティアにも参加が可能。地元に根付いた語学学校ならではのプログラムですね。

また、「スライブタイム」という、生徒一人一人の自習をサポートする時間が設けられているのも特徴の一つ。生徒が自分一人でも効果的な学習を実現できるようにと、生徒の自立学習をサポートする内容です。

野外活動の大半は、参加するかしないか、自分で選べるものが殆ど。決して強制ではないので、自分が関心のあるものを中心にアクティビティのスケジュールを組んでいくことが可能です。

ちなみに、こちらはランチを食べたり、自習時に使うスペース。季節に合わせたデコレーションもセンスを感じますね。夏の留学生が多い時期などは、こちらのオープンスペースで授業を行うこともあるそうです。

 

人気クラスはコチラ

英語

スピーク30 (30H/週 | 1~24週 $350/週 , 25週以上 $300/週)
⇒ 集中的にしっかり学びたい方向け (単身学生など)

エクスプレス20 (20H/週 | 1~24週 $300/週 , 25週以上 $250/週)
⇒ 少し余裕を持って学びたい方向け (親子留学の保護者など)

フランス語

インテンシブ30 (30H/週 | 1~24週 $650/週 , 25週以上 $600/週)

インテンシブ25 (25H/週 | 1~24週 $400/週 , 25週以上 $350/週)

フランス語の場合は、両プログラムとも、午後に「個人レッスン」が組み込まれていることが大きな特徴。達成したい具体的な目標がある生徒さんには、とてもおススメのプログラムです!

 

こんな方におススメの学校!

☆ スピーキング力、発言力を伸ばしたい方
☆ 自分一人でも効果的に学べる方法を身に着けたい方
☆ 個別のフォローアップがしっかりしている学校を選びたい方
☆ 親子留学の保護者:比較的ゆったりしたフルタイムコース有 など

 

いかがでしたか?

モントリオールの語学学校は、どこも一定のクオリティを保つ学校ばかり。大切なのは、「自分に合った学校」を選ぶことです。どの言語を学びたいのか、どんなスキルを伸ばしたいのか…まずは、ご自身のニーズを明確にすることが重要です。

CLCは随時トライアル授業も実施しています。
気になる方は、まずトライアルを予約しましょう!

語学学校選びに迷っている方は、ぜひお気軽にご相談下さい ^^